【車の運転】うまくなる技術

運転がうまくなるためには、そうなるための準備が必要です。ここでは、とりわけ家族を載せるとき、特に幼児を乗せなくてはならないシーンで気を付けるべきことを書いていきたいと思います。
いたずら盛りの子供にはきちんと対策を
小さな赤ちゃんや子供を抱いて助手席に乗っているお母さんを見かけて、あきれてしまうことがあります。もし衝突したら、、、想像することも怖いですが、お母さんの体重で子供を押しつぶしてしまいます。

でも、そんな悲惨なことだけではありません。いまのクルマは助手席にもエアバッグが装着されています。エアバッグは衝突の瞬間、火薬を爆発させて一気にふくらみますが、その衝撃は相当のものです。

子供がいるのはエアバッグの直前です。至近距離から直撃された幼児はいったいどうなるでしょう実際アメリカでは子供が顔面を骨折したり、首の骨を折って死亡した例が報告されています。
6歳までの幼児をクルマに乗せるときはチャイルドシートを着用し、そこに座らせることが義務づけられています。チャイルドシートは装着するのに手間がかかり、しかも子供の成長にあわせてだんだんと大きいものに取り替えていかなければなりません。

お金もかかり、たいへんと思いますが、義務だからではなく、子供の命を守るため当然のこととして装着してくださいいちいち新品のチャイルドシートに買い替えるのがもったいないという人は、中古市場でシートを買うという手もあります。

ただ、一度、事故にあっているチャイルドシートは、ペルトになんの異常がないように見えても、いざというときに役立たないことを知っておいてくださいね。

子供が6歳を過ぎれば、今度はシートベルトのお世話になります。よく、ミニバンの後部座席にシートペルトをさせないまま子供を乗せてドライプしている家族連れがいますが、これも危険ですから、本当に気を付けて下さい。

自分の運転技術よりもまず、運転に集中できる環境を作ることはどんなシーンであっても重要です。

経験者が語る ユーカーパックの口コミはこちら